2010年01月26日

<少年院改革>有識者会議が初会合 広島の事件受け(毎日新聞)

 少年院の処遇について検討する「少年矯正を考える有識者会議」の初会合が26日、東京都内で開かれた。昨年、広島少年院で起きた収容少年への暴行・虐待事件を受け、少年院の運営透明化や少年院法改正の必要性などについて約1年かけて議論する。

 会議では加藤公一副法相が千葉景子法相のあいさつを代読。「事件の背景には、少年院が社会に閉鎖的になりやすいことがある。施設運営の透明性を高めて可能な限り社会とのつながりを強めることが重要」と述べた。

 委員は漫画「家栽の人」原作者でルポライターの毛利甚八さんや学者、弁護士、医師ら11人。「職員の育成が必要」「社会変化とともに少年も変わりつつあり、教育体制を見直すべきだ」などの意見が出された。

【関連ニュース】
ものがたり’09冬:少年院経験の保護司 社会復帰の12人雇用
日曜ひろば:北陸唯一の少年院・湖南学院院長、森伸子さん /石川

首相「不起訴望む」発言、民主党内にも波紋(読売新聞)
<派遣村>閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
センター試験「現代社会」設問に疑義 「外国人参政権容認」不適切の声(産経新聞)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
posted by キタザワ キチオ at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。