2010年01月28日

審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる−裁判員裁判(時事通信)

 全国で裁判員裁判の日程が最後まで未定だった新潟地裁で22日、覚せい剤密輸事件の公判期日が決まった。実施対象の全国60カ所の地裁(支部を含む)で、裁判員裁判の審理が開かれることになった。
 審理されるのは、覚せい剤取締法(営利目的輸入)違反などの罪に問われたロシア人船員の男(42)。公判期日は3月16日〜25日のうち6日間。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

山崎・保岡両氏の非公認方針を確認 自民、千葉は猪口氏擁立(産経新聞)
<郵便局強盗>江戸川の事件、37歳容疑者を逮捕 警視庁(毎日新聞)
タリバン社会復帰へ基金=5億ドル規模、日英提案へ−アフガン支援(時事通信)
民主議員「舛…あっ」 厚労相苦笑「長妻でございます」(産経新聞)
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
posted by キタザワ キチオ at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。